Aquaplantz

水槽管理用メモとblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TIPS:エアポンプ・水心のメンテナンス


ss1.png

おそらく日本で最も利用されているであろう水作さんの傑作エアポンプ・水心シリーズ
とても静かで吐出量調整ができ、使い勝手の良い商品ですが、使用しているうちに除々に吐出量が減ってきたりしませんか?
今回はそんな時のメンテナンスについて


※以下はメンテナンスの一例ですが、自己責任でお願いします


水心はシンプルかつ堅牢な作りをしていますが、故障の原因は大きく分けて2つ考えられます
1:ポンプ部分のゴムが経年劣化で割れたり裂けたりする
2:ポンプの空気の逆流防止機構が詰まっている

1の場合はパーツの買い替えが必要になりますが2の場合は簡単なメンテナンスで機能が復活する場合があります。
ということで、今回は2の場合のメンテナンス方法についてのご紹介。※1の交換パーツについても紹介します

ss2.png

まずはコンセントを抜いて本体裏側の4本のネジを外します。ネジがなくならないように注意してください

ss3.png

空気口とポンプ部分の一体パーツを本体から外し、裏面のネジ止めを外します

ss4.png

ネジで止まっていた白いプラスチックのパーツがベースから外れますので、このパーツを覆っているゴム部分を外します
※長期間使用した製品はこのゴムが硬くなっている事が多く、無理に外そうとすると破れたりするので慎重に行ってください

ss5.png

故障原因1として挙げたゴム部分の劣化はこの黒いゴムパーツが経年劣化で破れたり裂けて穴が空くことによって
空気が漏れてしまう状態で、そのような場合は外したパーツ部分が別個に販売されているので買い換えましょう。
本体を買い換えるより倍以上安くあがります。

45cm~60cm水槽用:SSPP-3用交換パーツ


60cm~120cm水槽用:SSPP-2用交換パーツ




ss6.png


故障原因2として挙げた逆流防止機構の目詰りは
画像下の4つの穴の空いた部分(表裏両面にあります)が目詰まりして空気が通り難くなることでポンプがうまく機能なくなっている状態です。
4つの穴の反対側は画像上部分のようにシリコンで蓋をされゴムで押さえるという構造になっています。
故障はこのシリコン部分にホコリや油分などの汚れがたまり癒着してしまうことで空気が通らなくなるのが原因です。
今回のメンテナンスではこのシリコンとプラスチックの癒着面を綿棒やウェットティッシュなどで汚れを落とします

ss8.png

こちらが掃除後の状態になります。綺麗になっているでしょうか?
直接掃除する以外に4つ穴部分に口を当てて息を吹き込みシリコンの癒着を解消するという方法もあります。

あとは元通りにパーツをはめ込んでネジ止めしましょう。
プラスチックパーツはネジの圧力に弱いのであまり力いっぱい締めないように気をつけてください
蓋を閉じる前に一度チューブを繋いで水槽内にエアレーションを行なってみてください。
問題なくエアレーションができているようならばメンテナンス完了です。

ほんの10分程度でできるので、空気量が減ったな、とか故障かな?と感じたら是非一度お試しください。

IMG_1168.png


おまけ
ss9.png

吸気部分のフェルトも定期的に洗うなどしましょう(置く環境によっては真っ黒になります)




スポンサーサイト
  1. 2016/03/16(水) 14:13:01|
  2. TIPS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

nk

Author:nk
熱帯魚飼育20年程度
一番息の長い趣味かもしれません
最近はシダ類にお熱です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
Plant (2)
Fish (0)
Tank Data (0)
TIPS (1)

カウンター

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。